So-net無料ブログ作成
前の2件 | -

誕生日プレゼントを買う [蒼汰・瑛太パラダイス]

上のソウタはあと数日で5歳を迎えます。

今年の誕生日は、ずっと前から決めておりました。
それは自転車。

私は5歳ちょうどぐらいの頃に補助輪を外して自転車に乗れるようになりました。
その考えがあったし、ストライダーは5歳児にはもう小さいので、自転車と決めてたわけです。


ということで数日早かったんですが、プレゼント!

IMG_4181.JPG
サイクルベースあさひにて

IMG_4183.JPG
うれしそうです。早く乗りたいみたい

IMG_4186.JPG
風をきれ小僧よ!


ストライダーの乗り回しは2年近く乗ってたのでたいしたもので、ちょっとした下りならずーっと
足つかずに乗り回せます。そのおかげか、補助輪つきですが比較的スムーズに乗ってました。

IMG_4185.JPG
たまに小川に落ちそうに

IMG_4184.JPG
幼児から少年へ


まだまだ手ブレーキがなれてないので、焦った瞬間は脚を出してしまう。
で、ペダルがふくらはぎに当たって痛い。まぁ最初だから当然ですね。


IMG_4188.JPG
ストライダーは下の子に。


親としては子供の成長をしみじみ感じました。
あっというまの5歳。 あと5年したらもう10歳だ。その頃は一緒になんて寝れないな。

毎日イライラさせられて怒鳴ってばかりですが、それでもやっぱり今が一番かわいい時期なのでしょう。

それがあと数年で終わってしまうと思うと少し切なく思えてしまいました。


安定して乗れるようになったら週末のジョグのお供についてきてもらおうと思っています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

信越五岳トレイルランニングレース 2013 (2) [記録用]

(1) の続きです


4A ~ 5A 13:20~16:25 15.0km

51.5kmから66.6km地点です。
5Aはペーサーがついて一緒に走ってくれたり、ドロップバックを受け取る事ができるため、
一つの区切りでもあるといえます。自分もまずは5A到着を意識していました。
4A出て直後は、またスキー場みたいなゲレンデを登ってから延々とガレ林道を登りました。
58kmぐらいまで続きます。一人、仲良くなった方がいて一緒に話しながら歩き続けました。
ここはもう走れませんでした。。
登り終わるとシングルトラックを下ります。下りきると、2人しか渡れない橋。
そして、それ渡るとまた急登! これきつかった!
やっと登り切ってから、牧場エリアに出ました。ほとんどの人が歩いていました。

あと3kmでエイドって言われてから30分ぐらいかかった気がする。。

この区間、いろいろな方と話して歩いてようやくたどりつきました。
5Aについた時、次の6Aまでいければ82km、そしてそこからは5kmおきに2つエイドがあるので
8Aの92kmまで行ける核心をもてました。
そして、92kmまでいければあとはたかだか18km、ゴールできそうだと完走が意識できました。

IMG_4098.JPG
スタート直後になんだこれ状態でした

IMG_4099.JPG
振り返って、多分野尻湖・斑尾山方面だと思うが

IMG_4100.JPG
林道登り続けて下りです。走ったり歩いたり

IMG_4101.JPG
2人しか渡れない橋

IMG_4103.JPG
笹ヶ峰牧場に出ました

IMG_4104.JPG
おどかしてごめんね


IMG_4105.JPG
5Aまで一緒に併走して頂いた方。110km完走してた。うらやましい

IMG_4106.JPG
16:26 5Aに到着 ペーサーや家族のフォローなどでにぎやかでした



5A ~ 6A 16:26~19:15 14.5km

66.6km~81km地点です。
着替えも終わり、ドロップバッグにいれておいたレッドブル等でだいぶ回復しました。
ずっとハンガーノック続きに陥っていたので、けっこう頑張って胃に詰め込みました。
水の補給を忘れてしまい、ハイドレがほぼ空でした。まいったなーと思ってたら、15分ぐらいいったところに
湧き水が!これは本当に助かりました。

コースは、最初階段を登りきったら素敵なシングルトラックです。ペーサーは体力余ってるからうれしい区間。
70kmを超えたあたりで登り区間に入ります。
18時ぐらいからヘッデンをつけはじめました。
1人逆流して戻ってくるペーサーがいました。実力合わなすぎて置いていかれた?

急な登りになってからは単独でした。ヘッドライトの明かりのみ。なのであまり印象がなく、ただきつかった。
79km~エイドの2kmぐらいはほぼ平坦な林道になり、走ったと思います。

IMG_4107.JPG
エイド出て直後 うそだろあの階段かよ

IMG_4108.JPG
振り返って乙見湖

IMG_4109.JPG
苦労して苦労して苦労して6A 8Aまでは5km毎なので気が楽だ



6A ~ 7A 19:15~20:23 6km

ここから写真ありません

唯一楽な区間でした。 楽でもないか。苦痛が少なかっただけ。
6Aで、右ひざ裏の痛みの限界を感じて、とうとうロキソニンをもらいました。
生まれて初めて飲みましたが、結果としてはききませんでした。
エイド直後は舗装路の登り。早歩きで登ります。
登りだけどなだらかです。しばらくいくと、戸隠に突入しました。
中社に向かって超ゆるやかだけど徒歩、そして途中で左折します。
あと1.5kmと言われて、ちょっとずつ走りました。この区間は大阪の方と一緒にいきました。



7A ~ 8A 20:23~21:30 5.3km

20:30前に7Aを出発します。
元々8Aで瑪瑙山を前に長めのブレイクをとるつもりでした。
この区間も大きなアップダウンはありませんが、80km / 14時間を超えているので平坦でも苦痛でした。
ちょっとずつ走りましたが、左ひざ裏が限界でした。
以前もバイクに乗っていて急に痙攣しかけた事があり、それから復活しませんでした。
同じ事をやると、おそらく気力はあっても先にいけなくなると感じて、ずっと歩き or 早歩きでした。

ですが、関門は0時だし22時に8Aを出発出来ればラスト18kmを5時間半で余裕をもっていけると
思っていたため、この区間は耐える区間だと5kmを1時間で行く事にしました。
歩き続けて21:30、8Aが見えました。最後のエイドです。
また、その奥には瑪瑙山が雲に隠れてそびえておりました。

皆口をそろえてきついきついと言っていたあの山へこれから挑むと決心してました。

エイド到着と同時に医療ブースへ行きました。
ロキソニンが全然効かない、けどあと18kmだからなんとかならないかと相談しました。

そこで、はじめて21:15への早期終了を聞きました。

あと6時間のリミット、おそらく4時間あればいけたであろうラストの18km、走る事ができませんでした。
皆同じような表情をしていました。
石川さんとあいさつして、ソバ食って落ち着きました。

このあとバスに乗ってゴール地点まで。そこで110kmのゴール完走者の瞬間を見て泣きそうでした。
初めての敗退です。
一応、特別完走者扱い、UTMFポイント 3ポイント中2ポイントの割り振りで話が進んでいるという事ですが、
UTMFよりこっちの信越をメインに考えていた自分にはとてもショックなものとなりました。


ペーサーもつけず、サポーターもいるわけでもなく、とてもつらい大会でした。
ただ、4Aから何人もの方と一緒に話して気を紛らわして足を進める事が出来たのは良かったです。
あれがなければ92kmもいけなかったかもしれない。

このレースは110km走ってこそ完走。
来年か再来年、いつになるかわかりませんが、必ずリベンジしようと思います。

前の2件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます